美容とファッションの美味しい関係

綺麗になって、おしゃれになる、とっておきの秘密。

インフルエンザは風邪とは違う

インフルエンザは風邪とは違うものと聞きます。

症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、急な高熱となり、3日から7日程度それが続きます。

種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢など症状に少しのが見られます。

場合によっては、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、甘くは見ることはできない感染症です。

乳酸菌を体内にに入れると体には色んな効き目があります。内臓、腸内の善玉菌を多くして悪玉菌を少なくし、腸内の環境を良くします。

結果、免疫力が上がり、より多くの健康的な効果がもたらされます。アトピーに良い効果があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。

乳酸菌は体全体の健康を促進する効果が高いとされているのです。腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは誰でもわかっています。

ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではというふうに期待していない人もいます。でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、それが身体の健康づくりに大変役立つのです。

花粉症になって以来、乳酸菌を取り入れるようにしました。

二年前から花粉症を発症し、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。

お薬を飲むことは気が乗らなかったので、この間、テレビで紹介していた乳酸菌サプリを飲んでみました。

今の段階では、これにより花粉症の症状を抑えられています。

乳酸菌シロタ株から連想されるのは、ヤクルトでしょう。

その昔、白血病を患い、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。

見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドでまぶしい活躍をしている渡辺謙さんがコマーシャルで薦めていると、おおきな効果が得られそうな予感がします。

近頃は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。年々予防注射で予防する人も増える一方ですが、都市部ではとても多くの人がかかているのが現状です。

感染経路は多種多様だと思いますが、電車や街中、仕事場など、大人数と空間を共にする場所でうつっていることだと思います。実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果的だといわれています。

およそ1年前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したというプログラムがありました。

私の子供が受験生でしたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが最もいいそうです。

アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも少量になっていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が下がっています。

これを補足して健康に近づけるには、保湿がかなり大事です。

それ故に、お肌の表面を保護して、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を使用が必要なのです。

うんちがでなくなると、体の中にあってはいけないものが体外に出ないため、口が臭くなります。いくら食後のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、お口の臭いは腸から胃をたどって必要でないものを出そうとし、口臭として現れるのです。このような状態の時、便秘が改善されると、口臭も何もせずとも無くなると言われています。アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、改善できることもあるといいます。腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという抗体が出来る性質があります。数が少なければ問題ありませんが、このIgEという抗体があまりに多く作られてしまうと、体内では過剰反応を起こしてしまい、アレルギーが起こることになるのです。アトピーを起こす原因とされていますが、乳酸菌は、IgEの大量の発生を抑えるといわれています。運動量が足りていないと筋肉が衰えていくだけではなく、身体の不調も引き起こします。女性に多く見られる症状の一つは便が何日も出ないことです。運動不足の解消のため、通勤時に走ってみたり、、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが良い方法です。

可能ならば、便秘にならないためにも、週に1、2度はウォーキングしたり、自分に合った運動をして体を動かした方がいいです。息子がインフルエンザにならないための接種に出かけました。

私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射をしています。

注射が終了した後は怖い!と伝えていました。見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も口できませんでした。夜更けに高熱が出て、40℃ほどまで上がって健康を害したので、病院にかかりました。インフルエンザの検査が実施できますよとすすめられました。私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、それにあったお薬を選んでもらえるので、確認したいと感じました。私はずっと先天性のアトピー性皮膚炎を持っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、痛ましい見た目でした。ありったけの方法を試してみても、効果が全くなかったのに、住居を変えたところ、急に肌がキレイになり、あれほど酷かった痒みもおさまりました。

思い切って住環境を変えるのも、アトピーに効果的かもしれません。

私の子供がアトピーであると診断されたのは、まだ2歳のときでした。膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、かゆみを繰り返し起こし、一向に回復した、という状態までいきませんでした。

そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。

乳酸菌が身体に良いものだということは有名な事実ですが、一方で効かないという説もあります。この説も事実かもしれません。

どうしてかというと、個人差があるほか、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、効き目が出る薬ではないからです。

自分に合うものかどうか試してから考えてみてください。

私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、少しずつ治ってきています。

改善できたポイントは、ヨーグルトを食べるようにしたことでした。

教えてもらった、この方法で長年の便秘が治ったという話を聞いて、私も早速ヨーグルトをたくさん買って毎日食べるようにしたのです。この方法を続けているうちに、改善されてきて、便秘で悩むこともなくなりました。

以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が体験してみると、かなりたくさん食べないと、あまり効果がない気がします。毎日1パックぐらいは食べて、お通じがやっとあるという感じです。ヨーグルトを好む人はいいですが、好まない人も、ジャムで味を変えたりしてできるだけ摂取するとよいでしょう。腸内の環境を整えておくと肌が美しくなると聞いて、ヨーグルトを一生懸命食べていた私ですが、そのじつ、ヨーグルト同様に食品のようです。

「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂取できないと思い込んでいました。ちょっと恥ずかしかったです。

便秘のツボでよく知られているのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところにある天枢(てんすう)であります。へその下5cmくらいのふっけつというツボも良いと思います。

手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。

便秘の種類によっても、効果的なツボは違うので、自分にとって適切なツボを押すと改善が見られやすいでしょう。