美容とファッションの美味しい関係

綺麗になって、おしゃれになる、とっておきの秘密。

この間、インフルエンザにかかりクリニック

この間、インフルエンザにかかりクリニックに行きました。潜伏期間はどのくらいなのかはっきりしませんが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になってうつってしまったのだと思います。3日間発熱し続け大変な思いをしました。

インフルエンザは高い熱が続くので、通常の風邪より辛いですね。

インフルエンザの予防として乳酸菌が効果的だといわれています。

1年程度前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったというテレビプログラムを見ました。

私の子供が受験の時期だったので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。乳酸菌が生きて腸まで届くタイプのヨーグルトが断然いいそうです。

一般的に便秘に効く食物は、食物繊維、乳酸菌を内蔵する 発酵食品等です。

しつこい便秘の方は、うんちが固く腸内に溜まった状態に落ち着いています。

この状態を改善して、トイレにいきやすくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、腸内環境を改善するのが良いでしょう。

ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは同じなのですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作る能力があるのだそうです。ノロウィルスの対策に良いとしているのですね。

近頃は、あちらこちらで、色々な感染症についての話を聞くので、意識しながら摂るといいかもしれません。

乳酸菌シロタ株と言ったら、何といってもヤクルトです。

昔、白血病になり病気と闘った経験をお持ちの渡辺謙さんのCMでも有名です。見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで引く手あまたのCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、大きな効果が期待できそうな気分がします。私は便秘にきく食べ物を毎日食べています。

ヨーグルトです。ほんと毎朝摂っています。

食事するうちに、便秘が好転してきました。あんなにも頑固で、大変だった便秘が治って便秘薬を飲水することもなくなりました。

今ではポコッとしたお腹も、痩せてきていて嬉しいです。

お腹が便で膨れて苦しんだ事って一生のうちに必ず一度は体験したことのある方ばかりだと思います。私もその一人で、最悪の場合は一週間便通が改善しないこともあります。便秘に効く薬もありますが、私はアレが身体に合わないみたいなので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖で腸内環境を整えています。

効き方が穏やかなのが安心ですね。

乳酸菌といえば思い出すのはカルピスでしょう。

小さかったころから、毎日楽しんでいました。

それは乳酸菌があるからです。

毎朝私に、母親が出してくれました。

そのため、私は便秘で苦しんだことがないのです。

もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで大変健康になりました。毎日続けて摂っている乳酸菌のおかげで私の体はとっても健康的になることができました。

毎日朝には欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。ヨーグルトというのは味にもいろいろ変化をつけやすいですし、便秘に悩むことなくいられます。

乳酸菌を摂取するようになってから、お肌の調子がすごく良くなって、ダイエットにもなりました。ツボで聞くことが多いのは、へそ周りの端から指2本分くらい離れた、存在する天枢(てんすう)です。へその下5cmくらいのふっけつというツボも良いと思います。手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。

便秘の種類それぞれで効くツボが違うので、自分にとって適切なツボを押すと改善が見られやすいでしょう。

便秘になってしまっても、薬があれば簡単に、対策はできるとは思いますが、薬頼りになってしまうのはよくないので、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。実際、食物繊維が豊富に含まれた食べ物を摂取することがよくって、不溶性水溶性、両方の食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。野菜、きのこ、海草などもすすんで摂ってください。

息子がインフルエンザにならないための接種に出かけました。

私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見てうたれています。予防注射の後は怖かったーと表現していました。必要以上に怖いんじゃないかな?と感じましたが、何も伝えれませんでした。

運動不足は筋肉の衰退していくだけでなく、体の不調にも関係してきます。中でも女性に多く症状が見られるのは便秘なのです。

運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが提案します。更に望めば、便秘を予防する意味でも、、週に1、2回はジョギングを試みたり、自分に合った運動をして体を動かした方がいいです。

というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うものと聞きます。

その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、すぐに高熱となり、それ症状が3日から7日続きます。

タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に、小さな違いがあります。

しかし、肺炎を伴ったり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、怖くもある感染症です。乳酸菌が身体や腸のために良いというのは周知の事実です。しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではというふうに期待していない人もいます。

実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、体の健康維持のために大変効果的です。

うんちがでなくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口が臭います。

どれだけ毎食後に歯ブラシをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口臭は腸から胃を通過して必要でないものを出そうとし、口臭を引き起こすのです。

このような状態の時、便秘が改善されると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。乳酸菌を体内にに入れると様々な良い結果がもたらされます。例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。

疫力アップにつながり、たくさんの健康効果を得ることが出来ます。

例えば、アトピーに対しても改善効果があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。

乳酸菌は身体の健康を促進する働きかけが高いと言われています。インフルエンザを患ってしまったら、最初に栄養をしっかりと、摂るために食事をしなくてはいけません。薬や病院ももちろん大切ですが、何より栄養を補給することも重要です。一刻も早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養は摂取しましょう。朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、消化しやすく栄養があるものを可能な限り食べてください。アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、症状の改善がされる可能性があります。

アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEと呼ばれる抗体が生まれてきます。

そしてこのIgEという抗体がたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応を起こしてしまい、アレルギーが起こることになるのです。

これがアトピーの原因だとされているのですが、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。乳酸菌をどう選べばよいかというと、まずは、気になった乳酸菌を含む商品を試すことがオススメです。最近では、乳製品の味ではない乳酸菌飲料も存在するし、乳酸菌サプリというものも売られています。腸まで届く仕様の乳酸菌飲料を初めて試してみたとき、次の日、トイレから出られないぐらいの状態なったので、お休みの日の前に試すことがいいかもしれません。